売れるチラシ:モノ情報だと同じに見える

売れるチラシ

こんにちはコトマーケティング協会、マスターコンサルタントのツヨシです!
週末久しぶりに家族で「回ってない」方のお寿司屋さんに行ってきました(笑)

我が家はみんな「炙りサーモン」が大好きです!東京のお寿司屋さんでサーモンを頼むと嫌な顔をされるよって話をよく聞きますが(だったら大トロはどうなんだよ?と聞き返したくなりますが)昨日のお店はそんな事もなく気持ち良く握ってくれました(笑)

そんな中、目に止まった寿司屋のチラシがこちら

売れるチラシ

売れるチラシ

同じ日にこれが2枚入っていました。
どちらもおいしそうなお寿司が並んでいますが
どうですか?このチラシ。

雰囲気、キャッチコピーはほぼ同じ。
同じお店のチラシだと思いませんか?

でも良く見ると違うお店なんですね〜。価格帯も違う。
これを見て、皆さんはどちらのお寿司を選びますか?

「今日は大切な人が来るから、とりあえず高い方にしよう!」
「今月は出費があったから、絶対に安い方で!」

こうなると、もはや金額でしか選べないですよね?
それは「お店を選ぶ(金額以外の)具体的な理由」がないから。

実際、電気屋さんとかスーパーとかのチラシも、同じようになっているのが現状。
こうなると必然的に価格競争になってしまいます。

こんな時こそ、コトマーケティング的考え方がオススメです。

例えば、両方とも「初夏の味わい」「初夏の贅」と初夏をアピールしていますが、それをさらに一歩進めて、初夏のお寿司を食べるとどんな良いコトがあるのか?まで考えてみるんです。

両方とも初夏のお寿司としてカツオが載っていますよね。カツオの旬は年に二回。春から初夏にかけて黒潮に乗って北上するカツオが「初鰹」。秋に三陸あたりから南下してくるカツオが「戻り鰹」と呼ばれています。

脂のタップリのった「戻り鰹」に対して「初鰹」は、さっぱりとした上品な味わいが人気で、さらに「初鰹」が喜ばれるもう一つの理由が初物の縁起の良さ。初物には生気がみなぎっていて、食べれば寿命が延びるとも言われています。

なのでこんなのは如何でしょう?

売れるチラシ

「初鰹」食べて長生きしてね!

「初鰹」はさっぱりとした上品な味わいがお年寄りにも人気です。「初鰹」が喜ばれるもう一つの理由が初物の縁起の良さ。初物には生気がみなぎっていて、食べれば寿命が延びるとも言われています。
 

「初夏のお寿司」というモノから
「初夏のお寿司を食べるとどんな良いコトがあるのか?」に変えてみました。

父の日も近いですし、これだけで金額以外の選ぶ理由が出てきましたね。
これがコト消費につながります。

コトマーケティング的、売れるチラシの視点
「買えばどんな良いコトが有るのかを書く」

ぜひ試してみてくださいね!

 

木下 剛志
この記事を書いた人
木下 剛志
株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

木下 剛志

木下 剛志

株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

関連記事

  1. 実践・花農家のPOP事例

  2. 温泉地・地域の活性化でコトのPOP!

  3. 売れるDM

    売れるDM:宴会景品

  4. 売れるチラシ

    売れるチラシ:ターゲットを絞り込んでキャッチコピーをつくる!

  5. 中小企業の仲間も、楽しく繁栄してもらいたい

  6. 折りたたみPOPで遊び心を♪

  7. コトマーケティング的視点:商売繁盛に直結する10の理由♪

  8. 記憶に残る名刺

    記憶に残る名刺:マンガでマーケティング

  9. 講座がきっかけで、パートさんから社員さんへ

特集記事

  1. お客様を知る見る聞く
  2. 確実に伝わる販促物
  3. 価値が伝わる魔法の言葉
PAGE TOP