コトマーケティング的視点:一緒に練習しませんか?その2

こんにちは!コトマーケティング協会マスターコンサルタントのツヨシです!

またしても協会の仲間向け記事でございます。
前回の記事ではキャッチコピーの練習をしましたが、
コトマーケティング的視点:一緒に練習しませんか?その1

今回はもう一歩踏み込んでみます。

上級編:チラシアドバイザーになってみる

これは複数名で行うと良い練習法で、Jr,コンサル講座以上を受講された方にオススメですが、アドバイザー講座しか受講されていない方にもすごく良い練習になります。

話は変わりますが、僕個人的な考えで「知識の段階」って、4つあると思っています。

知識の段階

知らない→知ってる→使える→教えられる

この考えでいくと、教えられるようになって初めて「身についた」と言えるのではないでしょうか? なので、この練習法は「モノ売りをやってる人」に「コト売り」の重要性を理解してもらい「コト売り」を選んでもらう方法です。

  1. まず、お客様役とアドバイザー役に(3人以上の場合は、口を出さない第三者役に)分かれます。
  2. そしてお客様役が自分で適当に選んだチラシを持ってきて「最近チラシの反応が悪くなってきて、どうすれば良いですか?」と、アドバイザー役に聞きます。
  3. アドバイザー役はそのチラシを見て、どんな風に改善したら良いかを、コト売りの話を交えつつ、お客様役に教えます。
  4. お客様役が「それなら反応が上がりそう!」と思えば終了。
  5. 最後にお客様役が「お客様としてどう感じたか」を、第三者役が「俯瞰で見てどうだったか」を、みんなで話し合います。

たったこれだけ!
でもね、これ慣れるまで結構練習が必要なんですよ(笑)

自分ではコト売りを理解して使えていても、人に伝えて理解してもらうのはなかなか大変。ましてやお客様役は「モノ売り」で良いと思っている設定なので、なぜモノ売りは良くないのかを、お客様役をできるだけ否定せず(怒らせないように)説明し、どう変えたら良いかを一緒に考え(お客様の中から引き出す)て、修正案の方向性まで完成させる。

最初のうちは「コトマーケティング」を、押し売りしようとしてしまうかもしれません(笑)
僕がそうでした(爆)

でも回を重ねると、誰でもできるようになるから不思議ですね(笑)
アドバイザー役だけでなく、お客様役も「お客様の立場に立つ」ことがすごく勉強になりますし、第三者役も「俯瞰で見る」のが、とても良い勉強になります。

うちの会社では「朝練」と称して、スタッフ同士が朝礼前に毎日やっています。興味があればいつでも見に来てくださいね〜☆
実は先日、コトマ仲間の社長が会社のスタッフと一緒に練習しに来てくれました♪

練習風景

最後に。
努力って言葉、僕はなんか痛ましくて好きじゃありません。
でも実際に技術って、回数をこなした人だけが身につけられるものだと思います。
だから練習も「どうすればもっと楽しくできるか?」を、みんなで一緒に考えながらやってみると良いんだなぁ。と、いつも考え、楽しくできる方法を探しています。

なんて考えてたら、講座の最後にいつもお話しする。
「出来ない理由」よりも
「出来る方法」を考え行動しよう
を思い出しました(笑)

コトマーケティングを体験したことがないアナタ!
楽しく「出来る方法」を考える一番の近道はこちらです!(笑)
コトマーケティング アドバイザー認定講座

すぐに活用できる、マーケティングの資格が手に入ります!

 

木下 剛志
この記事を書いた人
木下 剛志
株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

木下 剛志

木下 剛志

株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

関連記事

  1. 売れる手書き看板:買う理由を教えてあげる

  2. 売れるチラシ

    売れるチラシ:「コトを売る」という視点に変えてみる♪

  3. コトマーケティング的視点:商売繁盛に直結する10の理由♪

  4. 売れるチラシ: その人は、どんな情報が欲しいのか♪

  5. 売れるチラシ: 伝える順番を変える♪ (見る人の知りたいコトが先~コチラの言いたいコトは後)

  6. 売れるチラシ

    売れるチラシ:ビューティーサロン

  7. 売れるPOP: プロとしての知識・情報を惜しみなく発信する♪

  8. 売れるポップ

    売れるポップ:知らないことを教えてあげる

  9. 売れるチラシ

    売れるチラシ: 値段以上に大切なコトを伝えよう♪

特集記事

  1. お客様を知る見る聞く
  2. 確実に伝わる販促物
  3. 価値が伝わる魔法の言葉
PAGE TOP