コトマ事例:ポップは本当に効果あるの?

売れるポップ

 

こんにちは、コトマーケティング協会 マスターコンサルタントのツヨシです!
みなさんご存知ですか? 先日Twitterで話題になっていたこれ。。。

ファミチキの「親子サンド」
なんと4万8千近くのリツイート!!もうファミチキLOVEな僕としては、放っておけない!
ええ。モチロン作って食べてみましたよ。スンゲェ美味しいです!!こんな素敵な情報教えてくれた、北村アナウンサー有難う!!大感謝です!

と、いうことで。
こんな素敵な情報は、銀座の皆様にもお教えしなくては。と

カナさん

またしても描いてくれました!
コトマーケティング ジュニア・コンサルタントの山口かなです!
https://koto-marketing.net/instructor_detail/?instructorno=112

で、描いてくれたのがコレ

売れる手描き看板

いいですね〜
4万8千人がリツイートしたということは、もの凄い数の人が目にしているわけです。こういう時は店内に入ってからも徹底的に行きましょう☆

売れるポップ

お客様の導線&目線を考えながら
ポップで追いかけます!

売れるポップ

モチロン結果は大反響!!
毎日何十人ものお客様から聞かれたそうです!
売り上げも大幅アップ!

 

ポップって軽視されている方も多いかもしれませんが、お客様に購入を決めてもらえる最後のチャンス!ちゃんと描き方を学んで使えばかなりの反応が見込めるんですよ。

他にも。。。

売れるポップ

なんだか運動した気になれる。
そんなデザート。

あはは!!面白い!!
これで結果は、驚きの173%アップ!!

 

他は。。。

売れるポップ

幸せ=カロリー
しっとり食感に中毒者続出!
この組み合わせサイコーです!

うまく罪悪感を消してくれていますね(笑)
これはまさかの360%アップ!!店長さんも大喜びしてくれました☆

 

ね☆ ポップって効果あるでしょ?
幾つかの温泉旅館のお土産物売り場で実験したところ、平均120%客単価が上がったそうです。

でもただポップをつければ売れるわけではありません。
書き方が重要なんです。

どうすれば、お客様にその商品の価値が伝わるのか?
どうすれば、興味を引き手に取ってもらいやすくなるのか?
そして、どうすれば売れるのか?

それらを考え、誰でも活かせるようになるのが、コトマーケティング。
すぐに活用できるマーケティングの資格が手に入ります。

僕たちと一緒に始めてみませんか?

木下 剛志
この記事を書いた人
木下 剛志
株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

木下 剛志

木下 剛志

株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

関連記事

  1. 売れるポップ

    売れるポップ:興味があるコトを伝える

  2. コトマーケティング的視点: 喜ばれるその先に、商売繁盛がある♪

  3. 売れるDM: まず最初に【コト】を伝える

  4. コトマーケティング的視点:思いは伝わる♪

  5. 売れるチラシ

    売れるチラシ:ラブレターを書くように♪

  6. タイトル・キャッチコピーでココロを鷲掴み♪

  7. 売れるチラシ

    売れるチラシ: 手書きチラシだから売れるわけではありません!

  8. 売れるチラシ: 伝える順番を変える♪ (見る人の知りたいコトが先~コチラの言いたいコトは後)

  9. 売れるDM

    売れるDM:宴会景品

特集記事

  1. 販売員、営業マンはやめよう
  2. 価値が伝わる魔法の言葉
  3. お客様を知る見る聞く
PAGE TOP