売れるチラシ:年賀状出しますか?

年賀状

こんにちは☆ 最近朝晩は肌寒い日が増えてきましたね。コトマーケティング協会マスターコンサルタントのツヨシです!僕らのデザイン業界では8月頃から年末進行が始まり、カレンダーや年賀状の仕事が徐々に増えてきます。
でも実は自分の年賀状については、いつも冬休みに入ってから慌てて始めて、年賀状のアイデア出しからの、デザイン、印刷、メッセージ記入、と半泣きになりながら作っています。奥さんからは「なんでもっと早く始めないの!?」と、8月31日の小学生みたいに毎年扱われる始末(笑) これはいけませんね。。。。

どうしていきなり年賀状の話をしだしたかというと、会社の ポストにこんなチラシが入っていたから。

売れるチラシ

そろそろ取り掛かれということですね。わかります(笑)

売れるチラシ
中面はデザインのサンプルがたくさん

でも、このチラシは本当にもったいない!!

なぜかって?
「年賀状印刷」としか書いてないからなんです。
※さらに宝くじ1枚進呈などと、それほど嬉しくないオファーも(笑)

SNSやメールの普及で年賀状の発行部数が2003年のピーク時と比べて半数近くまで落ち込んできている中、年賀状を取りやめている「人」や「企業」も増えてきているのに、この打ち出し方は本当にもったいない。

これを見て発注する人は「年賀状はどこにお願いしても同じ」と思っている人。つまり安ければ安いほど良い!と考えていて、他に安い会社を見つければ間違いなく安い会社に移ります。そうならないために他社よりも安くして(宝くじもつけてw)行くと、相手もそれに乗っかり、しまいには価格競争が起きて業界自体が疲弊し続けていきます、まさに価格破壊ですね。

さらに「年賀状は費用もかかるし面倒くさいし、そろそろ廃止にしようか?」なんて考えている人も多いかもしれません。

年賀状業界は結構ヤバい感じです。

こんな時こそコトマーケティングですね(笑)

うちの事務所はビジネス街なので、ターゲットは会社員。
で、彼らは「年賀状はどこでも同じ」「費用がかかる」「面倒」「そろそろ辞める?」と考えている。

そんな人たちには、年賀状を出す理由(メリット)を教えてあげなくては反応が出ません。

 

例えば。。。


そろそろ年賀状を廃止しようかな〜
と、考えている会社員の皆さん!

他社もそう考えている今こそ、年賀状で休眠客を呼び戻すチャンスです!
弊社では業種ごとの「年明けのアポイントが取りやすくなる」文例
「久しぶりにあの店行ってみようかな?と思わせる」文例など
多数ご用意しております。是非、年始の営業活動にお役立てください!!


と書いて、中面のページで事例や文例をいろいろ紹介するの。

年賀状印刷という「モノ」を売るのではなく
休眠客の掘り起こしという「コト」のお手伝いをすればいいのです。
これだったら「ちょっと話聞いてみようかな?」なんて思うかもしれません。

年賀状も日本のひとつの文化。頑張って続けたいですよね。SNSで「あけおめ!ことよろ〜」だけでは、あまりにも味気ないですもの。

あっ!今年こそは早めに年賀状書きますね!
ちなみに去年のはこんなの(笑)

年賀状

「トラウマになるわ!!」
と、怒られましたが(笑)

 

木下 剛志
この記事を書いた人
木下 剛志
株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

木下 剛志

木下 剛志

株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

関連記事

  1. 売れるDM: 独自の価値を伝える♪

  2. 売れるチラシ

    売れるチラシ:知らないことを教えることで反応アップ!

  3. 売れるDM: まず最初に【コト】を伝える

  4. 売れるDM

    売れるDM:熱い思いに共感してもらう♪

  5. コトマーケティング的視点: 喜ばれるその先に、商売繁盛がある♪

  6. 売れるPOP: プロとしての知識・情報を惜しみなく発信する♪

  7. コトマーケティング的視点:商売繁盛に直結する10の理由♪

  8. 正しいアンケート

    コトマーケティング的視点: 【コトを書くアンケート】で商売繁盛を目ざす♪

  9. 売れるチラシ

    売れるチラシ:「コトを売る」という視点に変えてみる♪

特集記事

  1. 価値が伝わる魔法の言葉
  2. 販売員、営業マンはやめよう
  3. マーケティング資格
  4. 確実に伝わる販促物
PAGE TOP