売れるチラシ:時期、時間で興味は変わる

売れるチラシ

こんにちはコトマーケティング協会マスターコンサルタントのツヨシです!
3月に入って、少しずつ暖かくなってきましたね!
私の実家は居酒屋をやっているのですが、暖かくなって出てくる問題が、ネズミとゴキちゃん。。。
飲食店では死活問題ですからね。

そんな中、会社にこんなチラシがポスティングされていました。。。

売れるチラシ

解ります!飲食店の多い地域では、ネズミの問題は悩ましいところ
シンプルなデザインでネズミのイラストも可愛らしく、また『銀座周辺エリアは、、、』と地域を絞っているのもとても良いチラシです。

でもね。。。。
少〜し勿体ない!!

なぜかって、配布時期を考えていないから!!
実は、ネズミの繁殖時期は3〜5月と9〜11月で、被害が多くなってくるのはその1か月後位からと言われています。
つまり今は、先手を打って被害を止めるのに、とても良い時期なんですね。

なので、今の時期に合ったキャッチコピーに変えてみましょう〜!

売れるチラシ

銀座の飲食店長さま!
3月〜5月はネズミの繁殖時期
被害を未然に防げる今がチャンスです!

——————————-

いかがでしょう?

コトマーケティング的、販促物の基本に『時間、時期によってターゲットの興味は変わる』というのがあります。

繁華街ではネズミの被害は年中あります。
が、大体のお店は被害が出てから問い合わせをしてくるもの。逆に繁殖時期の今はあまり活発に活動しないため、問い合わせも少ないのではないでしょうか?

なのでこの時期だからこそ、前もって行動したくなるようなキャッチコピーに変えると効果も変わってくるんですね。

コトマーケティング的、販促物の基本
『時間、時期によってターゲットの興味は変わる』

今の時間帯のお客様は、どんなコトに興味があるんだろう?
この季節のお客様は、何に興味を持ってるんだろう?

一度、考えてみてくださいね!

 

 

木下 剛志
この記事を書いた人
木下 剛志
株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

木下 剛志

木下 剛志

株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

関連記事

  1. 売れるDM

    売れるDM: ターゲットは誰で、その人に何を伝えるのか?

  2. 売れる手書き看板

    売れる手書き看板:メガネのブラックボード

  3. 売れるチラシ

    売れるチラシ:学習塾

  4. 売れるポップ

    コトマ事例:ポップは本当に効果あるの?

  5. タイトル・キャッチコピーでココロを鷲掴み♪

  6. 練習

    コトマーケティング的視点:一緒に練習しませんか?その1

  7. 売れるチラシ

    売れるチラシ:「コトを売る」という視点に変えてみる♪

  8. 記憶に残る名刺

    記憶に残る名刺:何のお手伝い?

  9. 売れるポップ

    売れるポップ:値段以外の買う理由を伝えていますか?

zoomオンラインセミナー

特集記事

  1. 価値が伝わる魔法の言葉
  2. お客様を知る見る聞く
  3. 販売員、営業マンはやめよう
PAGE TOP