売れるポップ:興味があるコトを伝える

売れるポップ

こんにちは、コトマーケティング協会マスターコンサルタントのツヨシです!
実は春休みを利用して結婚14周年のお祝いに、家族で石垣島に行ってきました!

売れるポップ

もっと暑いかと思っていましたが、日中でも27度前後とメチャ暑ではなく、日陰だととても過ごしやすくて家族三人久しぶりにのんびりとさせていただきました! 昨日帰ってきたのですが、日常に復帰できるか心配しながらブログを書いています(笑)

で、帰り道に空港の売店で発見したのがこれ

売れるポップ

あれ?
ロイズって北海道じゃなかった??
で、調べてみると『ロイズ石垣島』はロイズの子会社らしく、もともと本社が石垣島で黒糖を買い付けていたこともあり、南国の素材を活かしたオリジナルブランドで展開しているそう。
知らなかった〜!

ロイズは大好きで、塩味がいい感じの『ポテトチップチョコ』を始めて食べた時の衝撃は忘れられません。ファンの僕としては、ぜひとも買っておきたいところ☆

でも、どれが美味しいんだろう?

棚をよく見てみると。。。


3位!

売れるポップ
2位!!

売れるポップ
1位!!!

人気の商品に『ランキング』が付いています! 出発前で急いでいる人なんかは「人気商品なら間違いないだろ」って感じで、選んでくれるかもしれません。

ランキングもお客様が『買う理由』の一つになりますが、コトマーケティングを使ってポップでもっと『買う理由』を高めてみるならばここに注目します。

売れるポップ

商品説明です。
外国人旅行客の多い石垣島なので、4ヶ国語で商品説明が書かれているのは凄く良いのですが、商品説明だけでは興味が湧いてきません

お土産選びに迷っている人は『買う理由』を探しています
なのに「興味のない情報 = 商品説明」だけしか伝えてないのは、本当にもったい無い!

この場合、ターゲットは「石垣島からの旅行帰りで、お土産を探している人」。
その人の興味が有るコトと言えば。。。

「どんなお土産が喜んでもらえるかな!?
 もちろん石垣島らしさも出したい!」

 

ですよね☆
それをお手伝いできる情報をポップで伝えてみました!


売れるポップ
(この商品説明を興味のわきそうな情報に変換すると)

紅いもタ○トは飽きたしな〜

と、お思いのあなた!
サクサクのアーモンドパフを紅いものチョコで包んだ新しい食感!

沖縄らしさを残した、新しいお土産です!


売れるポップ
(この商品説明を興味のわきそうな情報に変換すると)

ご存知ですか? 北海道ロイズの原点は、石垣島なんです!

北海道のロイズ本社が、石垣島まで買い付けに来ている『黒糖』。
日本を縦断させるほど美味しい『本場の黒糖』のチョコがココナッツのクッキーにぴったり!
ロイズ好きなあの人を唸らせましょう(笑)


売れるポップ
(この商品説明を興味のわきそうな情報に変換すると)

お土産で喜ばれるには理由があった!

石垣島で作られた塩を使った、ミルクの板チョコです。
北海道では味わえない『石垣塩』の風味が、人気の秘密。
ロイズの「チョコ+塩」が好きな方は絶対に喜ぶ、No1商品です!


 

いかがでしょう?
渡す相手のことを考えながらお土産を選ぶのは楽しい時間ですが、ついつい時間がかかり過ぎてしまい大変なもの。そんな人たちには「商品説明」ではなく「興味があるコト=買う理由」を教えてあげると買いやすくなります。
今回は日本人向けに書きましたが、国ごとに『買う理由』を変えて伝えるのも面白いかもしれません。国が変われば興味があるコトも違って来ますからね☆

コトマーケティング的、売れるポップのコツ『お客様の興味があるコト伝える』
一度やってみてくださいね!!

 

木下 剛志
この記事を書いた人
木下 剛志
株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

木下 剛志

木下 剛志

株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

関連記事

  1. 売れるDM: 独自の価値を伝える♪

  2. 売れる手書き看板

    売れる手書き看板:塾のブラックボード

  3. 売れるポップ

    コトマ事例:良い商品なのに売れない

  4. 売れるチラシ

    売れるチラシ: 値段以上に大切なコトを伝えよう♪

  5. コトマーケティング的視点:商売繁盛に直結する10の理由♪

  6. 価値の伝え方

    価値の伝え方:ラストシーンを大切に♪

  7. 売れる手描き看板

    コトマ事例:手描き看板は効果あるんですよ 1

  8. 売れるチラシ

    売れるチラシ:「コトを売る」という視点に変えてみる♪

  9. 売れる手描き看板

    コトマ事例:手描き看板は効果あるんですよ 2

特集記事

  1. 価値が伝わる魔法の言葉
  2. お客様を知る見る聞く
  3. マーケティング資格
  4. 販売員、営業マンはやめよう
PAGE TOP