売れるチラシ:怪しく見える

売れるチラシ

こんにちは、コトマーケティング協会マスターコンサルタントのツヨシです!
最近寝る前に布団の中で海外ドラマを見るのがマイブームです(笑) 先日、メンタリストの全シーズンをようやく見終わりました。ジェーンの自然なスタイルがカッコ良く、ラストも大円団でとても面白かったな〜☆

いつもiPadで見ているのですが途中で寝落ちしてしまい、次の日見直してみると10分も観ていないこともしばしば(笑)どれだけ寝るの早いね〜ん!って感じの私ですが、昔は寝つきの悪さで悩んでいた頃もありました。
料理人時代、早番&遅番シフトが混在して体内時計が狂いっぱなしで『寝なくちゃ、早く寝なくちゃ』なんて思っていると逆に全然眠れなかったりして大変でした(笑)

そんなことを思い出していたら手元にこんなチラシが

売れるチラシ

出張のマッサージ屋さん
昼の2時から翌朝9時まで年中無休でやっているんですね
シンプルな中、ものすごいインパクトを感じますが。。。

とにかく怪しく見える(笑)

で、裏面はこんな感じ

売れるチラシ

裏面には“治療への想い”と、スタッフ紹介が書いています
読んでみると結構しっかりと施術してくれそうでもあるのですが、これは、、、

もったいな〜い!

出張マッサージって、一般的に『風俗サービス』のイメージを多く持たれてしまうことも多いのです。
もちろん健全な施術のお店もありますが“出張マッサージ”でググってみると出てくるのは『洗練された女性セラピストが』とか『30歳代~50歳代までの人妻・熟女が中心』とか、どう考えてもそっち系ばっかり(笑)

そんなイメージを持たれている中でこのチラシを打っても、怪しさが出てしまいます。

しかもこの見出し(キャッチ)

売れるチラシ

もはや、そっち系にしか見えなくなってきました(笑)

今、目に飛び込んでくるキャッチは『出張、もみの、王道』ですが、これって自分たちが出来ることを書いているだけ。これだけだと(百歩譲って怪しさを省いたとしても)他のマッサージ屋さんと何も変わらず、他のマッサージのチラシに埋もれてしまいます。

こんな時こそコトマーケティング!
コトマーケティング的キャッチコピーの作り方に『ターゲットに呼びかける』というのがあります。 ではどんな人をターゲットにするのが良いのでしょう?
それを先ほど見た“想い”の中から探してみると。。。

コリ、頭痛、腰痛、不眠などには必ず原因があります。 骨格や筋肉や神経的なもの、あるいは内臓系のもの、 またストレスというのも大きな原因の一つです。 私たちは総合的にお客様の健康を考え、真に効果のある マッサージ治療を行ってまいります。

ええ。まさに昔の私向きですね(笑)
眠れなくて、朝起きてもダルくて疲れている。

そんな人に呼びかけてみると

寝つきが悪い
朝に疲れが残る
そんなアナタ!

こんな感じ。

さらに怪しさを外すために顔写真を入れ “出張”のメリットを掛け合わせたリードコピーに変えてみると


売れるチラシ

寝つきが悪い
朝に疲れが残る
そんなアナタ!

久しぶりに元気な朝を迎えてみませんか?
私たちが直接ご自宅にお伺いするので、面倒もありません。
お客様の骨格、筋肉、神経、内臓、ストレスなど総合的に考え 『元気な朝をむかえられる施術』をご提供いたします。


いかがでしょう?
怪しさがなくなって、前のチラシよりも頼んでみたくなりませんか?

同じようなチラシが配られている場合“自分が出来ること”だけ書いてあっても埋もれてしまいます。また、怪しく思われている業界なんかだと「いつものピンクチラシか」と速攻ゴミ箱行きです。

売らなきゃ!早く売らなきゃ!と思えば思うほど、売れなくなるもの。
そんな時こそ一歩立ち止まり、ターゲットのことをよく考えて
その人に伝わるキャッチコピーに変えていきたいものですね!

コトマーケティング的キャッチコピーの作り方『ターゲットに呼びかける』
ぜひ試してみてくださいね!

 

木下 剛志
この記事を書いた人
木下 剛志
株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

木下 剛志

木下 剛志

株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

関連記事

  1. 売れるポップ

    売れるポップ: 届けたい人が反応するコトバって、ナニ?

  2. 売れるポップ

    売れるポップ:わかりやすくする♪

  3. 売れるポップ

    コトマ事例:良い商品なのに売れない

  4. 売れるポップ

    売れるPOP:お客様の『知らなかった~』と引き出すPOP!

  5. 価値の伝え方

    価値の伝え方:ラストシーンを大切に♪

  6. 売れるPOP: 気づいていないコトに、気づいてもらう♪

  7. タイトル・キャッチコピーでココロを鷲掴み♪

  8. 売れるチラシ

    売れるチラシ:知らないことを教えることで反応アップ!

  9. 売れるチラシ

    売れるチラシ:ターゲットを絞り込んでキャッチコピーをつくる!

zoomオンラインセミナー

特集記事

  1. 販売員、営業マンはやめよう
  2. マーケティング資格
  3. お客様を知る見る聞く
  4. 価値が伝わる魔法の言葉
PAGE TOP