売れる手書き看板:買う理由を教えてあげる

こんにちはコトマーケティング協会、マスターコンサルタントのツヨシです!
皆さまゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか? 私は久しぶりに風邪をひいて寝込んでおりました(汗)
昔は、たとえ風邪をひいてもビールと餃子を山盛り食べて、熱いお風呂に入って寝たら次の日にはスッキリ治っていたのですが、年齢とともにこの手法が使えなくなってきました。なんでも消化能力が衰えてきているそうで、治す方より消化の方に体力が使われてしまい、かえって治るのが遅くなる可能性もあるそうです。。。こりゃいかん(笑)

皆さんは風邪をひいたときの対処法ってどんなことをされていますか?
私は新しい対処法を模索中です。

熱が下がってから思い出したのが、

カナさん

コトマーケティング ジュニア・コンサルタントの山口です。

彼女というより、彼女が過去に書いてくれた看板のことを思い出しました。
それがこちら

周りに風邪っぴき増えていませんか?
貰いたくない!!という方は
体温上げて行きましょう!!
オススメはしょうが!!
カップ麺の向かいにあるよ!

—————————————————

体温を上げると、免疫力が上がり風邪をひきにくくなるそう。
これから調子が悪くなり始めた時には、必ず生姜湯を飲むようにします!!
もう少し真面目に読んでおけばよかった。

実はこの看板、今年の1月にコンビニ用で書いたものなのですが、風邪が流行っている時期でもあり、なんと生姜湯の売り上げが450%もアップしたそうです!
つまり、4倍もの人が『生姜湯を飲む理由を知らなかった(忘れていた)』ってこと。
これは『知らない=買う理由がない』ってことなので、本当にもったいないですよね〜! ※私も知らなかったですし(笑)

やっぱり看板やポップ、チラシ、販促物の本当の役割って
買う理由を教えてあげる
ことが大切なんですね。

販促とは売り込みでなく、価値を伝えること。

その価値を伝えるときに、誰の何のお手伝いをしているのかを考えつみてください。
一度、その視点で販促物を考えてみてくださいね☆

なんのお手伝いをしているのか見つからない方は、コトマーケティング アドバイザー講座に!
新しい視点が手に入るかもしれません。

 

木下 剛志
この記事を書いた人
木下 剛志
株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

木下 剛志

木下 剛志

株式会社写楽 代表取締役
1971年生まれ、大阪府東大阪市出身
元フランス料理のシェフという異色の経歴ながら、28歳でデザイナーに転身し2002年、東京に株式会社写楽を設立。「売上を上げるためのデザイン」を追求し、マーケティングをはじめ、心理学や行動経済学を取り入れた販促セミナー、企業コンサルティングや、販促ストーリーの企画、デザイン制作物は多くの企業に評価されている。
また「デザイナーにこそ、マーケティングの力を」との想いから、全国のグラフィックデザイナー、WEBデザイナー向けに特化したコトマーケティングセミナーを開催している。
2016年コトマーケティング協会 マスターコンサルタント認定

関連記事

  1. 売れるPOP: プロとしての知識・情報を惜しみなく発信する♪

  2. 売れるチラシ

    コトマ的視点:お客様が本当に欲しいのは?

  3. 売れるチラシ:知らないコトを教えてあげる

  4. 売れるチラシ

    売れるチラシ:開いてくれるとは限らない

  5. 魅力的なキャッチコピーの創り方

  6. コトマーケティング的視点:一緒に練習しませんか?その2

  7. 売れるチラシ

    売れるチラシ: 値段以上に大切なコトを伝えよう♪

  8. 売れるチラシ

    売れるチラシ: 手書きチラシだから売れるわけではありません!

  9. 売れるチラシ:中学野球

zoomオンラインセミナー

特集記事

  1. 確実に伝わる販促物
  2. お客様を知る見る聞く
  3. 価値が伝わる魔法の言葉
PAGE TOP