はじめての方に & FAQ

はじめての方に

一般社団法人コトマーケティング協会、ホームページへようこそ!

「コトマーケティングってどんな人に向いてるの?」「誰のための組織なの?」とのご質問を多くいただくので、まずはそちらからお答えします。
コトマーケティング協会は小売店の活性化のために作られた協会ですが、会員の方々によるコトマーケティングの活用方法は大きく二つに分かれます。

002一つ目は、小売業やサービス業、企業の営業職の方で
『自社の売上を上げたい方』
コトマーケティングを使い、自社の商品(サービス)の価値の伝え方を変えることで、お店の売り上げをアップさせることができます。
今まで社外に丸投げだった自社の販促物や営業ツールにも、自分ですぐに取り入れることができるので、成果を出したり反応を見るのが楽しくなりますよ。

001二つ目は、コンサルタントや広告代理店、士業、デザイナー、印刷会社の方で
『クライアントの売上を上げるお手伝いで、自社の売上を上げたい方』
多くの会員が、コトマーケティングを活用してお客様の売り上げを上げることで、さらなる受注や契約につながっています。また協会にはコンテンツが豊富なので、自分でコトマーケティングのセミナーを開催することもでき、セミナー受講者がそのまま新規顧客になる場合も多くあります。

と、活用方法も様々ですが、ほとんどの会員の方たちは職種にかかわらず、コトマーケティングを活用して軒並み売上を上げています。またお客様との関係性がどんどん改善していくので、リピート客が増えた!とのお声もよくいただきます。

協会は、会員の皆様にコトマーケティングの理解を深め、活用し、もっと広めていただくため、認定講座だけでなく、会員専用のシークレットセミナーや、各種勉強会を随時開催しています。

下に、その他のよくあるご質問と回答をまとめてみました。

FAQ:よくあるご質問

マーケティングって難しそうですが、自分にもできるでしょうか?

ご安心ください。コトマーケティングには難しい専門用語は一切ありません。どなたでも理解できて、いろんな業界ですぐ実践することができる内容になっています。

どのようにコトマーケティングを活かしていいかわかりません。相談に乗っていただけますか?

もちろんです!12年間1,200以上のお店や会社と実践して蓄積したノウハウなので、いろんな業界&職種に活かすことができます。担当講師にどんどん質問してくださいね!全力でお応えします!

どんな業種に適してるの?

大きく二つに分かれます。
■ 一つ目は小売業やサービス業、営業職の方で、自社の商品(サービス)の価値の伝え方を変えただけで、お店の売り上げを軒並みアップされています。
■ 二つ目はコンサルタントや広告代理店、士業、デザイナーの方で、コトマーケティングを使い、お客様の売り上げを上げることでさらなる受注や契約につながっています。また自分でセミナーを開催することもできるので、新たな顧客との出会いも広がっています。

コトマーケティング協会に入会するには個人でも大丈夫ですか?

個人加入も、法人加入も両方可能です。

何から始めたらいいんでしょう?

まずは、コトマーケティング・アドバイサー講座にご参加ください。
6時間の講座で、コトマーケティングの基本が身につき、価値の伝え方が変わります。

どんなご職業の方が会員になっているのですか?

様々な業種の方がいますが、主だった方たちのお声を抜粋します。
■ 小売業のスタッフや店舗担当の方
「お客様との会話も増えて、売り込まないでも買っていただけるようになりました!」
■ デザイナーの方
「制作物を納品するだけでなく、もっと深い売り方の提案から出来るようになりました!」
■ 広告代理店の方
「私が担当した広告の反応が一気に上がったので、クライアントから感謝されました」
■ 中小企業の営業職の方
「社内の営業ツールにコトマーケを活かしたら、部内の成約率が上がりました!」
■ 起業家の方
「セミナーを集客に活用でき、新規開拓が楽になった」
■ 経営コンサルタントの方
「経営手法だけでなく、売り方のコンサルまで出来るようになって喜ばれた」
■ サービス業のスタッフや店舗担当の方
「お客さんが私のおすすめ商品を買ってくれるようになった!」

自分でセミナー開催などやったことないのですが。。。

ほとんどの会員の方がセミナー未経験者です。そのため協会では入会された方がすぐに講座が開けるように、セミナー台本、スライド、動画を用意しています。すぐにでも開催できますよ!
また「人に教える」ことが一番の学びになります。どんどんセミナーを開催してスキルアップしていってくださいね!

その他ご質問がある場合はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

特集記事

  1. 販売員、営業マンはやめよう
  2. 価値が伝わる魔法の言葉
  3. お客様を知る見る聞く
PAGE TOP