たかがPOP1枚、されどPOP1枚

前回に続いて、ジュニアコンサルタントの仲井さんの実践報告です!

お伝えしているように、仲井さんは某有名スーパーのパートさん。
そして主婦です。

パートの主婦が自費で講座を受け、実践を繰り返し、ありえない成果を上げている。
そしていま、スーパー内で異変が起こっているのです。

その異変の一部はこんな感じです。

・店長からどうしても売りたい商品があるときに「POPをお願いしたい」と頼まれる
・本部の部長に、ひとりのパートの名前を憶えてもらい認識される

その大きなきっかけになったのが、今回の事例です。
僕も、その成果にちょっとビックリしました!

+++++++++++++

実践者:某スーパーのパートさん

場所:尼崎

受講講座:アドバイザー→ジュニアコンサルタント講座

+++++++++++++

仲井さんが毎年任される焼き芋売り場。
自分でも購入し、何度か食べてみたけど「正直、メチャクチャ美味しい」にも関わらず、
それほど売れていない。

そこで「コトのPOP」の登場です。
まずは色々な売り場で実践して、反応が良かったもの、反応の出なかったものが分かってきた。

そして書いているうちに、いろいろなアイデアも浮かんできた。
「よし!」という思いをもって書いたのがコチラ

コトマーケティング協会推薦のキャッチコピーの付け方を参考に、自分なりにアレンジしたPOPをつけるとどうなったのか?

なんと前年の3,4倍の1400個の販売実績に!!
もう、こうなると焼いても焼いても売れていって足りない状態です^^

仲井さん自身がビックリしたのはもちろん、店長もビックリ、本社もビックリ!!
何をどうして、そんなに伸びたんだ!?という感じです。

たかがPOP1枚。
されど、POP1枚なのです。

もちろんPOP1枚の成果というよりは、仲井さんのアイデアの成果というのは間違いありません。

伝え方で、反応は大きく変わる。
これは売上げという反応だけではなく、周りの反応が変わる。

この変化はどこから起こっているかというと、仲井さん自身の変化からなのです。
仲井さんが変化したいと思い、知識を身に付け、実践し、仲間と共に試行錯誤していったからです。

この一歩が素晴らしいなと、改めて感じます!

+++++++++++++
代表理事からのひとこと

仲井さんが、協会主催の勉強会に参加予定だったのに、直前に濃厚接触者になってしまったということで不参加に。

メチャクチャ残念がっておられたようですが、そのあとのコトバが印象的です。
「時間ができたので、家でPOPを書きまくっています」

さすがです(笑)

描けば書くほど面白くなってくる。
描けば書くほど成果が出る。
描けば書くほど、また学びたくなる。
学べば学ぶほど、また書きたくなる。

いいループに入っているみたいです^^

関連記事

  1. 中小企業の仲間も、楽しく繁栄してもらいたい

  2. 売れるチラシ: 伝える順番を変える♪ (見る人の知りたいコトが先~コチラの言いたいコトは後)

  3. 温泉地・地域の活性化でコトのPOP!

  4. 売れるチラシ

    売れるチラシ:母の日ギフト

  5. 売れるポップ

    売れるポップ:興味があるコトを伝える

  6. モノのPOPからコトのPOPで、反応が変わる!

  7. 売れる手描き看板:新規集客に効果あるんですよ!

  8. トッピングPOPの効果

  9. 売れるチラシ:知らないコトを教えてあげる

特集記事

  1. 確実に伝わる販促物
  2. 販売員、営業マンはやめよう
  3. 価値が伝わる魔法の言葉
  4. お客様を知る見る聞く
  5. マーケティング資格
PAGE TOP