コトマーケティング講座参加者の声:コンビニ経営者の奥様

参加者:コンビニエンスストア経営者の奥様

●講座を受けて、頭に残ったポイントは?

①モノ売りからコト売りへ
②お客様のお困り事に応える
③ターゲットを明確に

 

●講座内容での学び・気付きは?
POPにも鮮度がある。
ただ商品を売る(モノ)のではなく、思いやストーリー(コト)を売る。

ターゲットを絞ることで商品の向こうのお客様が想像でき、
精神的に楽しい気持ちなった。

 

●感想・リクエスト
コンビニのポップと言えば1秒でわからなければならない。
と言う定説があり、商品名、値段、少しコメント位しか書けない物だったが、
私はイラストや飾りをつけて他店との差別化を狙っていました。しかし、コトPOPはあまりイラストは要らなく、飾り付けも要らない。

色も少しでいい。商品名は最後に。と、イメージがガラッと変わり「これで大丈夫だろうか…?」と本部SVに相談したり、
オーナーに相談したりして、勉強会の次の日から掲示しました。今までと違うPOPに従業員も興味津々でお客様も「これなに?」とPOPを通じてコミュニケーションが取れました。

来週からは大きなイーゼルに、他のケーキを書こうと思います。
他の商品のPOPも小さい黒画用紙に白ペンでコトPOP、どんどん増やして、
客単価を検証したいと思います!

 

●コトPOPに意識を向けてから起きた出来事・変化
今まで一つも売れた事のないスペシャルストロベリークリスマスケーキが7個も買っていただけた!
「売れない高いケーキ」と言うマイナスイメージから
「本当に良質な物だけで作った美味しいケーキ」にイメージが変わり「誰にオススメしても間違いなく喜んで頂けるケーキ」
と自信を持ってお客様にお声掛け出来る様になった!毎日、廃棄の金額と睨めっこな日々。
客数の低下、客単価の低下。

暗い気持ちになる日々だったが、
ターゲットを明確にイメージする事で人間味のある商売が出来始め、
精神的に元気が出ました!

 

【代表理事のひとこと】

コンビニの中で、POPと言えばコレ!というような先入観があった中、
思い切ってコトのPOPにチャレンジしてもらったのがとても嬉しいです^^

そして、しっかり検証してもらっているのもいいですね!

講座で学んだことをしっかり実践してもらって、
実践した結果をみながら、内容を検証していく。

協会では、講座の後に持ち寄り勉強会を実施しているので、
その部分をうまく活用しながらコトマーケティングを自分のものにしていってください!

松野 恵介
この記事を書いた人
松野 恵介
コトマーケティング協会代表理事。12年で1,200社以上の会社やお店と一緒に、売上アップや集客アップについて実践を繰り返し成果を出し続ける。商店街や温泉地など、地域の活性化にも意欲的に取り組み、実績も多数。年間の講演回数は80回を超える。

関連記事

  1. 売れるチラシ

    売れるチラシ: 値段以上に大切なコトを伝えよう♪

  2. 売れるチラシ: その人は、どんな情報が欲しいのか♪

  3. 温泉地・地域の活性化でコトのPOP!

  4. ターゲットを絞ると、チラシの反応率が上がる!

  5. 売れる DM

    売れるDM:誰に、どんな時に利用してほしいのか?

  6. コトマ事例:コトマーケティング的 中途・新卒採用について

  7. コトマーケティング的 業界活性化プラン【リユース業界】

  8. 売れるDM

    売れるDM:宴会景品

  9. 売れるチラシ

    売れるチラシ:時期、時間で興味は変わる

特集記事

  1. 販売員、営業マンはやめよう
  2. お客様を知る見る聞く
  3. 価値が伝わる魔法の言葉
  4. マーケティング資格
PAGE TOP