コトマーケティング講座参加者の声:お惣菜屋さん

参加者:お惣菜屋さんの経営者

●講座を受けて、頭に残ったポイントは?

①お客さんの絞り込み
②購入した商品の使用、食事するシーン
③POPの構成と文面

 

●講座内容での学び・気付きは?
POPを書いて、PDCAを回すことで
自然とマーケティングができているというのが新鮮だった。最初、コトポップの形式には抵抗感があったが、書いてみると違和感がなかった。

 

●感想・リクエスト
コトポップは、書いてみると楽しく、PCで作るより、手軽に書くことができた。
すぐに、店で実践したいと感じた。

 

●コトPOPに意識を向けてから起きた出来事・変化
さっそく、プラダンを使ってコトポップを作成した結果①客単価が平均よりも50~300円上昇
②一品単価が平均より30円上昇
③POPを見て、お客さんとよ会話が生まれた
④店前のコトポップを見て、立ち止まる方が増えた

 

【代表理事のひとこと】

感想の中にある

「POPを書いて、PDCAを回すことで、
自然とマーケティングができているというのが新鮮だった」

このコトバがとっても印象的でした^^

POPは、とにかく書いてみるのも大事ですが、
意図をもって書いて、そして反応をみてみる。

そこから検証していくことで、
次のPOPはもっと伝わるものになるはずです。

でも、何よりも講座後の成果も凄いですね!!

たかがPOPですが、そこから何につなげていくのかがとっても重要だと
改めて実感しました!!

松野 恵介
この記事を書いた人
松野 恵介
コトマーケティング協会代表理事。12年で1,200社以上の会社やお店と一緒に、売上アップや集客アップについて実践を繰り返し成果を出し続ける。商店街や温泉地など、地域の活性化にも意欲的に取り組み、実績も多数。年間の講演回数は80回を超える。

関連記事

  1. 実践・花農家のPOP事例

  2. コトマーケティング的視点:一緒に練習しませんか?その2

  3. キッチンカーでもコトのPOP♪

  4. コト消費

    コトマーケティング的視点:同窓会

  5. 女性のチカラが経済を活性化する

  6. 売れるチラシ

    売れるチラシ:モノ情報だと同じに見える

  7. 売れる手書き看板:買う理由を教えてあげる

  8. 花農家でコトのPOP活用!

  9. 売れるチラシ

    売れるチラシ: 値段以上に大切なコトを伝えよう♪

特集記事

  1. お客様を知る見る聞く
  2. 価値が伝わる魔法の言葉
  3. マーケティング資格
  4. 確実に伝わる販促物
PAGE TOP