売れるDM:営業支援システム

売れるDM

こんにちは!コトマーケティング協会マスターコンサルタントの橋本です。

ゴールデンウイークですね!
今年は天気も良さそうですし、行楽地がにぎわいそうですね。

ゴールデンウイークが明けると本格的に暑い季節になり、「5月病」なるものが騒がれるようになります。
「5月病」は、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状だと言われます。
やる気を出そうとしてもモチベーションが上がらない状態のことを言います。私の企業の経営者として社員のモチベーションにはとても気を遣っています。

そんな私にこんなDMが届きました。
「上司が指示しなくても営業が頑張って目標達成するセミナーDVDを無料で差し上げます。」

そのDMがこちら。

売れるDM

社員の中でも営業マンのモチベーションは特別に気になります。

「根性論やインセンティブを使わずに、営業社員のモチベーションを高める仕掛けによって、売上アップを実現するソフト」

経営者であれば、誰もが理想とする状態ですね。

さらに
「上司が指示しなくても頑張って目標達成する=自ら創意工夫し、モチベーションを高く継続的に行動する営業社員」

「営業マンが自ら動きたくなってしまう仕組み」を話したセミナーDVDを無料プレゼントというものでした。

さらに同封の資料には、マンガで分かりやすくそのソフトの特長が書かれていました。

売れるDM

マンガを使うことで、このソフトを活用すると「どんな良いコトがあるのか?」がより伝わりやすくなっています。

その他にも、導入企業の経営者のコメントが顔写真入りで紹介されていました。
中には、誰もが知っている経営者も登場していました。

おそらくこの商品のターゲットは、営業マンのモチベーションを無理なく上げて、売上を上げたい経営者です。
まさに私もそんな経営者の一人なので、内容にはすごく興味を持ちました。しかし、少し物足りなさを感じたもの事実です。

その理由は、このソフトを開発した人の思いが伝わるようなエピソードがなかったからです。
「なぜこのソフトを開発したのか?」
「このソフトでどんな人達のお役に立ちたいのか?」
などの部分の熱い思いを聞きたかったです。

コトマーケティングの大切な考え方の中に、この2つの問いかけがあります。
「誰に、どんなコトができるのか」
「それが、どうしてできるのか」

商いの原点とも言える、この考え方がしっかりと伝わったら、さらに素晴らしいDMになり、思わず申込みをしたかも知れません。

商品やサービスに込めた開発者や販売者の「思い」をしっかりと伝えることが最後に背中を押すことにつながると思います。

ぜひお忘れなく!

橋本 英雄
この記事を書いた人
橋本 英雄
1968年、大阪府枚方市生まれ。
関西大学卒業後、(株)リクルート「ケイコとマナブ」事業部で企画推進営業を経て、アサヒ・ドリーム・クリエイト(株)に入社、2004年代表取締役に就任。1000社以上、リピート率90%の販促ツール製作事業の経験を生かし、2014年マーケティング企画事業を開始。商品・サービス・人・企業の真の価値を共に発見し伝える「真価発伝クリエイター」として活動し、2016年コトマーケティング協会マスターコンサルタントに。

橋本 英雄

橋本 英雄

1968年、大阪府枚方市生まれ。
関西大学卒業後、(株)リクルート「ケイコとマナブ」事業部で企画推進営業を経て、アサヒ・ドリーム・クリエイト(株)に入社、2004年代表取締役に就任。1000社以上、リピート率90%の販促ツール製作事業の経験を生かし、2014年マーケティング企画事業を開始。商品・サービス・人・企業の真の価値を共に発見し伝える「真価発伝クリエイター」として活動し、2016年コトマーケティング協会マスターコンサルタントに。

関連記事

  1. 売れるポップ

    売れるPOP:お客様の『知らなかった~』と引き出すPOP!

  2. 売れるチラシ: 伝える順番を変える♪ (見る人の知りたいコトが先~コチラの言いたいコトは後)

  3. 売れるチラシ

    売れるチラシ: 手書きチラシだから売れるわけではありません!

  4. 売れる手書き看板

    売れる手書き看板:メガネのブラックボード

  5. 売れるチラシ

    売れるチラシ:ターゲットに刺さるメッセージを考える!

  6. 売れるチラシ

    売れるチラシ:母の日ギフト

  7. 売れるDM

    売れるDM:見る人のキモチに寄り添う♪

  8. 売れる看板

    売れる看板:買う理由を与える

  9. 売れるチラシ

    売れるチラシ:怪しく見える

特集記事

  1. マーケティング資格
  2. 確実に伝わる販促物
  3. 販売員、営業マンはやめよう
PAGE TOP