求人ブラックボード

シニアコンサルタントの伊坂光恵さんから報告が届きました!

ラーメン店「塩元帥」の各店舗の店長と相談しながらつくった求人用のブラックボードです。

お店に来てもらった人に伝えるわけですから、
どの店も同じような文言で求人するより、その店らしさが出るほうがいいですよね。

だって、その店で「働きたい!」と思ってもらうことが大切なのですから^^

・店長の個性
・誰に、どんないいコトがあるのか
・誰の、どんな「不」を解消してるのか

そんなコトを店長に聞きながら、一緒につくったブラックボードです。

各店舗のブラックボードを紹介しますね^^

+++++++++++++++++++++++

久御山店の求人ブラックボード

久御山店の求人ブラックボード

姫路店の求人ブラックボード

姫路店の求人ブラックボード

八尾店のブラックボード

八尾店のブラックボード

八尾店のブラックボード2

八尾店のブラックボード2

竜王店の求人ブラックボード

竜王店の求人ブラックボード

草津店の求人ブラックボード

草津店の求人ブラックボード

+++++++++++++++++++++++

結果は、早速ある店舗のブラックボードから採用が決まったそうです!

その店舗はどこでしょうか?^^

 

【代表理事からのひとこと】

協会の店頭用手書きカンバンのノウハウを活かして、
求人用ブラックボードをつくったのはスゴクいいですね^^
それぞれのブラックボードに、別々のシナリオが存在ます。

協会のシナリオは3つ。

①誰に(伝えるターゲットを絞り込む)
②何を伝えて(絞り込んだターゲットに、どんなコトができるか)
③行動(どのように行動してほしいか)

それぞれターゲットが違うし、そのターゲットによって伝える内容が変わってきます。

このシナリオをもとにブラックボードで伝え、その反応をみながら変えていく。

ひとつの反応が、大きなヒントになりますから、
今回の反応を活かして、書き直してみてくださいね!

求人用ブラックボード応援しています!!

松野 恵介
この記事を書いた人
松野 恵介
コトマーケティング協会代表理事。12年で1,200社以上の会社やお店と一緒に、売上アップや集客アップについて実践を繰り返し成果を出し続ける。商店街や温泉地など、地域の活性化にも意欲的に取り組み、実績も多数。年間の講演回数は80回を超える。

関連記事

  1. コトマーケティング的視点: 伝える相手は、全員「人間」

  2. 売れるチラシ:中学野球

  3. 売れるチラシ

    売れるチラシ: お客さまに喜ばれているコト、を伝える♪

  4. 早速トッピング入りました!

  5. 売れるチラシ

    売れるチラシ:ターゲットを絞り、呼びかける

  6. 売れるチラシ

    売れるチラシ:怪しく見える

  7. コトマ事例:コトマーケティング的 中途・新卒採用について

  8. 売れるチラシ:ヘアーサロン

  9. コトマーケティング

    コトマーケティング的視点: あのRIZAPも、売っていたのは「コト」でした♪

zoomオンラインセミナー

特集記事

  1. 価値が伝わる魔法の言葉
  2. 販売員、営業マンはやめよう
  3. マーケティング資格
PAGE TOP