魅力的なキャッチコピーの創り方

魅力的なキャッチコピーの創り方

毎日刺激的な出会いからアイデアが出まくってワクワクが止まらない、コトマーケティング協会マスターコンサルタントの橋本です。

最近参加した異業種交流会で凄い衝撃を受けました。
それは1分間スピーチでの自己紹介でした。魅力的な経営者とイマイチの経営者に明確な違いを感じたのです。

『同じ人間なのになぜこんなに違いがあるのだろう?』

魅力的な経営者の共通項は、シンプルで分かりやすい自己紹介でした。
シンプルで分かりやすいをもう少し深掘りしていきましょう!

コンセプト

創業30年を超えるレストランオーナーからのご相談。
『昔は大盛り料理でお客さんが沢山来てくれたけど、最近はなかなか・・・』
大盛り料理での成功体験からなかなか抜け出せず、レストランのコンセプトにお悩みでした。

それでは、一緒に新しいコンセプトを創りましょう!

ターゲット

『どんなお客様に来て欲しいですか?』
『どんなシーンで利用して欲しいですか?』
『食べ終わった後に言って欲しい言葉は?』
質問を繰り返す中で、来て欲しいターゲットを明確
にしていきました。

出て来たターゲットイメージは『健康に気を遣うけど、いっぱい食べたい人!』になりました。

キャッチコピー創り

このターゲットに一言で伝わるキャッチコピーを創ります。
ここでコトマーケティングにおいて、最も大切な問いを深めていきます。

誰にどんな良いコトがあるのか?それはどうして出来るのか?

そして出て来たキャッチコピーが『ヘルシーVSボリューム』。
メインメニューは野菜とお肉たっぷりのスチーム料理になりました。

オーナーの長年のこだわりである『お腹いっぱいになって帰ってもらいたい!』という思いと最近の健康志向を対決させながら両立させることが出来ました。

これからの未来が見えず、少し元気をなくしていたオーナーの表情はもやもやが消え、スッキリした表情に変わりました。

魅力的なキャッチコピー創り

未来が見えないって本当に不安ですよね。
激動の時代に先が見えなくなって悩んでいる経営者はたくさんいます。

今こそ会社の未来を照らすシンプルで分かりやすいキャッチコピーが必要です。
コトマーケティングの第一歩は魅力的なキャッチコピー創りです。

『誰にどんなコトができるのか?それはどうして出来るのか?』
この問いを徹底的に深掘りしていきます。

はじめは慣れないコトですが、ここでコトマーケティングで活用される『キャッチコピーの創り方』をご紹介します。

この5つの法則に沿っていけば比較的簡単にキャッチコピーを創るコトが出来ます。

1. ターゲットに呼びかける
2. お客様の声をそのまま使う
3. 具体的な数字を使う
4. 自分の好きな理由を書く
5. 知らないことを教えてあげる

ぜひトライしてみて下さい!
いっぱいアイデアが出て来て、明るい未来にワクワクしたいですね!

橋本 英雄

1968年、大阪府枚方市生まれ。
関西大学卒業後、(株)リクルート「ケイコとマナブ」事業部で企画推進営業を経て、アサヒ・ドリーム・クリエイト(株)に入社、2004年代表取締役に就任。1000社以上、リピート率90%の販促ツール製作事業の経験を生かし、2014年マーケティング企画事業を開始。商品・サービス・人・企業の真の価値を共に発見し伝える「真価発伝クリエイター」として活動し、2016年コトマーケティング協会マスターコンサルタントに。

関連記事

  1. 女性のチカラが経済を活性化する

  2. スポーツ業界をつなぐ

  3. タイトル・キャッチコピーでココロを鷲掴み♪

  4. コロナ禍にガス業界でもコトマーケティングを!

  5. 価値の伝え方

    価値の伝え方:ラストシーンを大切に♪

  6. 大好きな東北を元気に!

  7. 女性の感性がコトマーケティングで活きる!

  8. 温泉地・地域の活性化でコトのPOP!

  9. ガス業界の強みを活かす

特集記事

  1. 確実に伝わる販促物
  2. マーケティング資格
  3. お客様を知る見る聞く
  4. 販売員、営業マンはやめよう
PAGE TOP