売れるDM:宴会景品

売れるDM

こんにちは!コトマーケティング協会マスターコンサルタントの橋本です。

桜前線は北上中ですが、4月は花見や歓迎会などでお酒を飲む機会も多いですよね。

宴会というキーワードで思い出したDMがあります。去年の12月に届いてから気になって捨てられずにいたDMです。

そのDMがこちら。
売れるDM

『伝説の忘年会になる予感!? 景品特集!』

景品パークというビジネスモデルも秀逸ですが、このDMのインパクトは抜群です。
キャッチコピーの「伝説」が想像力を掻き立てます!

私も会社員時代、宴会の幹事を任されたことがありますが、その準備はとても大変です。
ビンゴの景品購入となれば、大変な労力がかかります。

ページをめくると、そんな幹事さんの心を鷲掴みにするような内容が続いていました。
そのページがこちら。

売れるDM

「幹事さんの当日お役立ち虎ノ巻」とあり、準備に不安な幹事さんの不安を取り除いてくれる内容がたくさん書かれています。

『褒められ幹事さんの5つの心得!』として
一、 主役はあくまでも参加者全員!
一、 ぶっつけ本番は禁物!
一、 基本的なマナーをしっかりと守る!
一、 どんな時も笑顔をキープ!
一、 率先して会場を盛り上げよう!

このDMの素晴らしいところはターゲットを『宴会の幹事さん』と明確に絞っているところです。

さらにターゲットである幹事さんにとって必要な情報がたくさん掲載されており、その上で宴会の景品を販売しているのです。

ターゲットの『不』を解消する
幹事さんの立場に成り切って、当日までの不安や不便の解消を最優先して、DMを創ろうという気持ちがガンガン伝わって来ます。

ターゲットの『どんな不満・不安・不便を解消するのか?』という視点がとても大切です。
このDMには、この視点が徹底されています。

DMですから、どうしても商品やサービスの特長をどんどん伝えたくなります。
しかし、残念ながらその視点では、いくら良い商品でも逆にその特長が伝わりにくくなったりします。

とても素晴らしいDMですが、コトマーケティング的にさらにターゲットの気持ちに寄り添うとすれば、実際に不安を解消した『お客様の声』があれば、さらに心にグサッとささるDMになると思います。

『初めての幹事で不安でしたが、景品パークのおかげで上司にこっそり褒めてもらいました!』
『幹事という役割が嫌でしたが、景品選びで自分も楽しめるので来年も引き受けちゃおうかなと思います』

などのお客様の声を伝えれば、「あるある!」の共感を呼び、「これは自分のこと?」という意識付けに繋がり、さらに魅力がアップしそうです。

ターゲットが感じるであろう『不満・不安・不便をどのように解消するのか?』という視点でバリエーションを増やし、伝えていくコトをオススメします。

確実に商品やサービスの特長が伝わりやすくなりますよ!

 

橋本 英雄
この記事を書いた人
橋本 英雄
1968年、大阪府枚方市生まれ。
関西大学卒業後、(株)リクルート「ケイコとマナブ」事業部で企画推進営業を経て、アサヒ・ドリーム・クリエイト(株)に入社、2004年代表取締役に就任。1000社以上、リピート率90%の販促ツール製作事業の経験を生かし、2014年マーケティング企画事業を開始。商品・サービス・人・企業の真の価値を共に発見し伝える「真価発伝クリエイター」として活動し、2016年コトマーケティング協会マスターコンサルタントに。

橋本 英雄

橋本 英雄

1968年、大阪府枚方市生まれ。
関西大学卒業後、(株)リクルート「ケイコとマナブ」事業部で企画推進営業を経て、アサヒ・ドリーム・クリエイト(株)に入社、2004年代表取締役に就任。1000社以上、リピート率90%の販促ツール製作事業の経験を生かし、2014年マーケティング企画事業を開始。商品・サービス・人・企業の真の価値を共に発見し伝える「真価発伝クリエイター」として活動し、2016年コトマーケティング協会マスターコンサルタントに。

関連記事

  1. 売れるDM

    売れるDM:営業支援システム

  2. 魅力的なキャッチコピーの創り方

  3. 売れる手描き看板

    コトマ事例:手描き看板は効果あるんですよ 2

  4. 売れるチラシ

    売れるチラシ:開いてくれるとは限らない

  5. 売れるDM

    売れるDM:見る人のキモチに寄り添う♪

  6. 売れるチラシ

    売れるチラシ:ターゲットに刺さるメッセージを考える!

  7. 売れる手書き看板

    売れる手書き看板:メガネのブラックボード

  8. コトマーケティング

    コトマーケティング的視点: あのRIZAPも、売っていたのは「コト」でした♪

  9. 記憶に残る名刺

    記憶に残る名刺:マンガでマーケティング

特集記事

  1. マーケティング資格
  2. お客様を知る見る聞く
  3. 販売員、営業マンはやめよう
PAGE TOP